atelier cherry

今日は朝から、プランニングルームで事務的な仕事を終わらせてから
成城にあるサーフショップにちょっとした納品をしてから、今度は鎌倉の由比ガ浜
にある RAVE サーフショップに仕事で行ってきました。
その途中、藤沢にある大工センターに寄り、由比ガ浜に向かう途中にふと
思い出した事が・・・・・チェリーさん、居るかな~?
タイトルにも書きましたが、アトリエ チェリー という名の レザーショップがあるのです。
今更、俺が説明する事もありませんが、鎌倉山の途中にあるショップです。
俺は以前に 財布を注文していて、まだかなーなんて感じでちょっと遊びに寄りました。
チェリーさんは忙しい中、手を止めていきなり行った俺をあたたかく迎えてくれ
コーヒーまでご馳走になり、肝心の財布はというと・・・・・
F@☆KIN FANTASTIC!!!
d0122116_17384718.jpg
 
こんなに完成度の高いレザーの財布は見たことがありません。
見てください、このウィングチップの具合、最高です!
手にとって見たことがある人は分かると思いますが、質感がすばらしい。
本当に良いものは言葉にするのが難しい。
まさか、財布を持って帰れるとは思ってなかったのでものすごくうれしくて、
ほとんどチェリーさんとの会話は右から左でした。すみません チェリーさん(笑)
チェリーさんは PANHEAD乗りで ワンオフのレザーシートの世界でも有名です。
そんな チェリー工房 の 前にてタバコを吸うチェリーさんとPANHEAD。
キャブはKEIHIN FCR で武装されてます。
d0122116_17504145.jpg

革の財布に素手でオイルを染み込ませてるチェリーさん。
これをやるのとやら無いのでは後あとで違うらしい、さすがです。
d0122116_17524257.jpg

かなり前から財布を新しいものに変えたいと思っていました。
その理由は・・・財布は人にとってホテルなのだそうです。お金はそのホテルに泊まりに
来るお客さんなので、そのホテルが汚かったりあまりにも古びていたらお客さんは
来ませんよね?ちょっとこの事が気になっていたので新しい財布にしたらテンションも
上がりなにやら気分までも良くなって帰ってきました!
レザーの財布が気になっているアナタ、見に行ったら最後、必ず気に入ってしまうでしょう。
最後に チェリーさん、ありがとうございます。大事に使わせていただきます!
また遊びに行きますね。
by roughandrugged | 2007-09-27 18:20 | life style
<< freepaper zombie >>